太刀の佩(は)き方

1、お手持ちの太刀の紐をほどいて、「太鼓革」と呼ばれる太刀を吊っている2本のベルト状のものに、紐を一直線に通します このとき、柄側の方が少し長めになるようにします。

2,次に、写真のように太鼓革の前に紐を回し、後ろから紐を通して太鼓革に紐を結びます。

3、柄側も左右対称になるように結び、写真のような状態にします。

4、次に、柄側(身体の正面)の長い紐を柄側の太鼓革に通して、柄側に紐で輪っかができるようにします 柄側の太鼓革を通した紐は、そのままこじり側の太鼓革に通して下さい。

5、すると、太刀紐が写真のようになります これで太刀の準備は完了です では、早速太刀を佩いてみましょう。

6、太刀を左腰にあてて、太刀の後ろ側に来てた2本の紐を腰から回し、2本の紐とも右腰に来るように紐を後ろ側から回します このとき太刀が水平になるように意識して下さい!
7、そしたら、右側に来ていた2本の紐の長い方だけを、先ほど正面側に作った輪っかに通して、引き合わせて下さい(わかりにくい場合は写真の右腰をよく見て下さい

8、長い方の紐を輪っかに通して引き合わせた後、まだ後ろから右腰にまわしただけにある状態の短い方の紐と、先ほど正面で引き合わせた長い方の紐とを、蝶々結びで結びます(紐が短いなら一文字結びでも可)

9、後は蝶々結びした紐を、帯状になっている紐に挟めば完成です! 甲冑を着られる方は、この蝶々結びから鎖結びにしてもらうのが一番かっこいいのですが、今回は省略します。