光華院流基本形

立居合

 

一本目 正面の敵の面を斬り、後づさる敵を唐竹斬りにし残心後、血振りして納刀。

 


二本目
 正面の敵の小手を下から斬り上げ、怯む敵をすかさず追い詰め面を斬り打ち返し来る剣を受け流し袈裟斬りで仕留め素早く残心納刀する。


三本目 
前方の左右の敵に対し、抜くと同時に右敵を唐竹斬り、すかさず左敵も唐竹斬りにし残心後、血振りして納刀。

 


四本目 左右から来る敵を、抜くと同時に右敵を唐竹斬りにし、すかさず左敵も唐竹斬りにし残心後、血振りして納刀。

 


五本目 
正面の敵を下から抜くと同時に逆袈裟斬りで小手を斬り、後ずさる敵を追い込み斬り、打ち来る敵を受け流し袈裟斬りで仕留め残心後、血振りして納刀。



六本目 
正面からの敵を静止して待ち、打ち来る剣を一歩引いて交すと同時に抜き唐竹斬りし、後づさる敵を追い込み打ち来る敵を受け流し袈裟斬りで仕留め残心後、血振りして納刀。

七本目 正面の敵をけん制しながらの抜刀で後ろの敵を唐竹斬りにし、すかさず正面の敵も斬り、打ち来る敵を受け流し袈裟斬りで仕留め残心後、血振りして納刀。


八本目 
無双返し、下からの抜刀で逆袈裟で斬り後ずさる敵を追い込み、袈裟切りで仕留め残心後、血振りして納刀。

 


九本目 
逆無双返し、後ろの敵を振り向くと同時に逆袈裟・受け流し・袈裟切りと一刀のもとに仕留め残心後、血振りして納刀。

 


十本目 
正面の敵の水月を柄頭で打ち左に体をかわし袈裟切りにし残心後、血振りして納刀。

 

 

居合 十本(逆太刀納刀)

一本目  正面の敵が柄に手をかけた時、己の剣の柄でそれを制すると共に抜刀し敵の首筋に剣を進め斬り残心後納刀する。

二本目  正面の敵の抜刀を、右足を引きながら刀を抜き、同時に鎬でかわし敵の喉を突き残心後納刀する。

三本目  正面の敵を素早く抜き胴で攻め、更に一歩踏み込み唐竹で斬り下げて残心後納刀する。

四本目  後ろから押え来る敵を前に投げると共に小太刀にて左薙ぎ斬りにし、前方の倒れた敵の止めを打ち残心後納刀する。

五本目  正面の敵を抜き胴で攻め、打ち来る剣を左足を横にだし受け流し袈裟斬りで仕留め残心後納刀する。

六本目  正面から打ち来る敵を左足を引いて左薙ぎ斬りで攻め、左足を出すと同時に唐竹で斬り血振りと共に立ち残心後納刀 する。

七本目  武者座りから正面の敵の眉間を柄頭で強打し、抜刀すると同時に後方の敵を突き、振り返り正面の敵を唐竹斬りで仕留め残心後納刀する。

八本目  武者座りから正面の敵を左薙ぎで斬り、打ち返し来る敵をすかさず左足を進めて受け流し袈裟斬りで仕留め残心後納刀する。

九本目  座り位置から右敵を袈裟に斬り、返す刀で左敵を刺突し、正面から打ち来る敵を受け流し袈裟斬りで仕留め残心後納刀する。

十本目  四方の敵に対して正面の敵を斬ると見せかけて抜刀し、後の敵を突き左からくる敵を受け流し右敵を袈裟に斬り、返す刀で左敵を左袈裟に斬り正面から来る敵を受け流し袈裟斬りで仕留め残心後納刀する。

 

捕り 十本

 太刀押え 左手で持った太刀で正面敵の水月を突いた後、右脇の下に差し込み左肩に回して捕り押さえる。

小手締  太刀を持った左手を敵が右手で握った時は、柄を敵の右手の甲を攻める形で右手で取って捕り押さえる。

十文字締 正面から小太刀を持って斬りかかる敵を十文字受けで防ぎ、左手で握りし太刀の柄を敵の手の甲に回し右手で取って締め下げる。

右太刀返 腰の太刀の柄を敵が右手で握った時は、柄を握りし右手の親指から内に回し敵が体を崩すと同時に小太刀を抜き斬首。

左太刀返 腰の太刀の柄を敵が左手で握った場合は、握りし左手小指側から外回しで体を崩し小太刀を抜き斬首。

脇後捕  敵が太刀を抜かせぬように右手を左手で握ってきた時は、右手刀を相手の水月に構え敵の左手の内側を回って後ろ手に捕り押さえる。

腕捕り  敵が右手をもって太刀を抜かせぬように右手を握ってきた時は、握られし手を敵の右手甲から回し敵の右手を伸ばして取り押さえる。

入り身  敵が正面打ちで来る場合は、敵の太刀の鍔が額を過ぎると同時に体を右にかわし左手で太刀を押え小太刀を抜き斬首。

肘投げ  敵が正面打ちで来る場合は、敵の太刀の鍔が額を過ぎると同時に体を左にかわし右手で太刀を押え左手を敵の両腕の肘の中へ上から差し込み膝を折って投げる。

鍔返し  敵が正面打ちで来る場合は、敵の太刀の鍔が額を過ぎると同時に敵の太刀の下に入り込み両手で敵の太刀の鍔を挟み回しながら体転換で太刀を奪う。