最優良加盟店
兵庫県職人の会が結成されて20年間、一度もミスがなく施工されてきた企業を紹介します。
ものすごい数の職人が当会の工事に携わってきましたが、よし悪しを%で表すと!
最優秀とされる所―5%
優秀とされる所―10%
優良とされる所―10%
反対に
職人ではないー5%
最悪な仕事をするー15%
直ぐ手抜きをするー25%
残る30%が不通という事になります。
いい職人は忙しく時間が取れない。優秀・優良なところは大手企業が抱え込む。従って、すぐに動ける職人や小規模リフォーム会社には普通以上の職人はいないという事にあります。
また下記で紹介する加盟店が今後も益々努力されることを心より願います。
(株)菊川建匠工業(明石)
結成時から左官をはじめとする工事、漆喰や塀・門回り、駐車場を担当していただいているが、二代目の社長も初代に負けず劣らず素晴らしい経営をされている。
(株)山本工作所(三田)
こちらでは水回り関係の工事やリフォームを当会の依頼については、専務が結成時から自らお客様のところに出向き工事の打ち合わせや、急なトラブルに対応してくれています。三田駅前の商店街の中に事務所はあります。
正木電気株式会社(神戸)
職人らしさが漂い、少しはなすのをこばむかんじがしますが、いとこと話すと物腰の柔らかい対応で、間違いのない確かな工事を提供してくれます。
日置建設株式会社(明石)
結成時から新築やリフォームを全て任せています。新築のデザインも素晴らしく、社長がアトピーで長く悩まれた経験から、健康住宅に力を入れられています。
現在は同社の藤田さんが窓口となり皆様のお力になっております。
ここからは、工事に関係なく楽しんで見ていただいたり、参考になるようなことをご紹介します。
売ります。あげます。
ペットと旅する。
北海道一周
北海道一周
北海道一周
北海道一周
北海道一周
武 道
光華院流宗家
神道無念流
入門案内
認定条件
最低限の礼儀作法
基本の形
簡単な武道用語と知識
下げ緒の結び方(勝玄巻き)
太刀の佩き方
塗装工事のご案内 リフォーム工事のご案内
お問い合わせ先

但し、家具の運び出しや冷蔵庫・洗濯機・クーラー等は別途費用が必要な場合もあります。現場で確認させていただきます。

住宅塗装工事をお申し込みのお客様に限り、軽トラック一台分の素材ごみ処分が無料

お申し込みは、お電話でお願いいたします。メールはご連絡が遅れる場合があります。今年のお引受け件数は下記の通りです。

9月 10月 11月 12月
1件 2件 2件 1件

塗料は大まかに言うと下図の右に行くほど強くなっていきます。各社混ぜ合わせたり組み合わせたりして独自の名前を付けて商品化しています。

この20年間、常に一流を目指して、メーカー各社の一番いい材料をどこよりも早く使用してまいりました。
その結果として、上の図解のようにウレタン⇒シリコン⇒フッ素といった原材料の違いは、アクリル系以外では耐久性としてさほど大きな違いはありませんでした。塗替えの時期はほとんど変わりなく行われております。私達も塗料会社の営業からウレタンよりシリコン、シリコンよりフッ素と言われて高い物を勧められてきました。しかし、結論として違いが明らかに出るのは水生か油性かです!また、油性なら一液か二液かです。いまだ多くの業者やハウスメーカーは水性を使用していますが、耐久性は10年そこそこが限度です。訪問する営業マンのトークに騙されるのが最も多い被害です。

こんな営業には気を付けよう!

1−.訪問営業(近くで工事をしてます。工事の挨拶で・・・。住宅の欠陥を知らせに来る。モニターに・・・。ハッキリしない電話やアポを取ってくる。メーカーの名を出す営業等)
2−アポイントの電話が多い・ひつこい。内容が分かりにくい。常識外れたことを言う(近くの足場を持ってくる等)。法令を無視している(事故が起きると逃げる危険性あり)
3−価格だけの説明が多い。大きな値引きをする。(この時点で見積もりが正しくないことの証明です)
4−自社商品を勧めてくる。塗料メーカーでない他の有名メーカーが出した塗料。(これらは二流の塗料メーカーの商品を混ぜたり、ラベルを変えたり、その上に自ら開発した結果の出ていない塗料を使用している)
5−家に上がりたがるのは要注意(契約するまで帰りません!そんなところの商品や工事がいいわけありません)
6−何よりもお客様を不安にさせっる会話のおおい営業。
                                                                                         

20年の実績から分かった塗装の耐久性について

急がせる営業トークにご用心!

10月の増税があることで契約を急がせるところもあるでしょう、
往々にしてそういうところが問題のある会社だという事がよくあります。9月末までに契約していれば工事が遅くなっても消費税は8%のままですので、よーく検討して業者を選びましょう。
ここで注意!
最初の塗装で失敗するともうおしまいです!
塗装とは塗ってしまうと取ることはできません。住宅は呼吸しているとお考え下さい。色だけの問題ならばいいのですが、安い塗料や粗悪な塗料を使用すると家は呼吸困難になってしまいます。その上からいくらいい塗料を塗っても直ることはありません。人で例えると、人に鼻栓をし通気性の良いマスクをするのと同じで住宅の息苦しさは直りません。鼻栓なら取れば済みますが塗装はそうはいきません。
この時期には、リフォームの営業がさかんにやってきます。その中で本当に住宅を愛している人や会社がどれだけあるでしょう。数%あるでしょうか?
安いものを買うのならあきらめもつきますが、高価なメンテナンスとなると難しい問題です!

毎年、暑さが厳しくなってきて住宅にかかる負担は大きくなっており、塗料会社が試験などで予想して作った塗料の耐久性は予想よりも落ちているといえます。
更には今後、消費税や官公庁の安全対策による足場の安全性のアップは、住宅を持つ者を大きく苦しめてきます。
出来るだけメンテナンスの負担を少なくするためには、経験豊かな職人のアドバイスを得て最善の方法を考えていきたいと思います。
まず多くの人は、塗装見積りを価格と営業の話だけで決めておられる。そこには二つのミスが起きやすい!
1つは、価格競争や値引き交渉は手抜き工事の引き金になりかねない。
2つ目は、営業に来た人が工事をするわけではないということ。
結局は信頼関係だけなんです。これは施工する私達も同じです。契約にないサービス工事を多く言われたり、工事中に細かい指示を出されるとると気分よく工事は進みません。お客様と職人は一つです。信頼したのなら任せましょう。
中間で利益だけ取るリフォーム会社には多くの注文をされてもいいでしょうが、職人は実際に工事をしてくれる人です。
今の日本は、お金さえ払えばいいと考えておられる人も増えてきており悲しい事です。お金よりの大切な心があることを忘れないで生きたいものです。
私達はお客様とそういう付き合いができない工事は一切お引き受けいたしません。